あなたのマナーはもう古い!?新マナー集!

世間を変える新マナーを発信していきます!

「スーツでなくて構いません」でスーツを着る必要はない!就活生に送る、服装に悩まない手法!

f:id:sno_fra:20181220150954p:plain

 

「俺、今度面接があるんだよね……」

「おー、書類通過おめでとう!で、なんで悩んでるの?」

「実は、案内に『スーツじゃなくてOK』って書いてあるんだけど、私服で行った方が良いのかな?スーツ着て行ったら『スーツ着てきやがって…』とか思われないかな?」

 

 

就活生を悩ませる問題。

それが『スーツ着て行く必要あるかどうか問題』です。

 

企業は時折、こんな文章で就活生を惑わしに来ます。

・私服でお越しください

・自由な服装でお越しください

・スーツでなくても構いません

 

とは言え、就活生も人間。こんなことを言われても悩みます。

「スーツ着て行った方がいいよな……」

「でも、スーツ着てるの俺だけだったらどうしよう……」

 

 

そんな方に、それらに対応する簡単な方法をお教えします!

是非ともご参考にしてください。

 

 

 

 

 

 

そもそも、どうして『服装自由』と書くのか?

まずは企業側の気持ちになって考えてみましょう。

 

どうして『服装自由』という形式を定める場合があるのでしょうか。

 

これには、大体2つの理由が存在します。

1つ目は、形式張っていないカジュアルな面接をしたいという思いがあるから。

2つ目は、就活生に自然体での面接を求めているから。

 

企業側としては、面接をあまりお堅くないカジュアルな雰囲気のものにしたい、と考えている場合があります。全員スーツでは、どうしても形式張った印象を与えがちです。

また、自身の実力を十分発揮させるために、普段通りの服装を要求することもあります。

 

とは言うものの。

企業側としても、ベンチャー企業やIT系でもない限り、あんまりカジュアルすぎると企業の体裁が保てないケースがあります。お堅い企業、銀行等ですね。

 

したがって、カジュアル全開で行くという覚悟がない場合が多いので、学生側に最後の判断を委ねて曖昧な表現にしてしまうのです。

 

スーツそのものを禁止する考えではないので、「スーツでなくても構わない」という、どっちつかずの表現になるのです。

 

 

 

「スーツでなくて構わない」ならどうしたらいいのか

結論。

なんでもOK。

 

というより、TPOや気候に合わせ、あなたのベストコンディションを発揮できる服装がベストだと思います。

究極短パン小僧でも、私は全く問題ないと判断します。

 

とは言え、文言によってはNGなケースもあります。

そこで、以下にまとめてみました。

 

 

 

事例別、理想の服装例

CASE① 私服でお越しください

・スーツ       × 絶対ダメ

・フォーマルな私服  △

・私服        〇 推奨

 

『私服で』という指定がある。スーツで行くのはもってのほかです。

フォーマルな私服でも可ですが、このケースの場合、フランクな人間かどうか試されていることがほとんどです。

 

 

CASE② 自由な服装でお越しください

・スーツ       △ 

・フォーマルな私服  〇 推奨

・私服        △

 

『自由な服装で』は、THE 中途半端企業が好む表現です。

この場合、服装も中途半端にフォーマルな私服が好まれます。

 

ただし、スーツや私服で行ってはいけないというわけではありません。

なんでもOK。

 

 

CASE③ スーツでなくて構いません

・スーツ       △

・フォーマルな私服  △

・私服        △

 

なんでもOK。

ただし、こういった表現をする企業は、入社後に苦労すると思われます。

上層部が的確な判断を下すことのできないのですから。

 

 

 

 

いかがでしょうか。

 

そもそも、面接とはその人の人となりを見る場であって、服装を見る場所ではありません。企業はそこを履き違えていることが多いです。

 

自身が輝かしい経歴を持っているのであれば、例え服装が短パンでも受かります。

 

もし面接官に「君、スーツじゃないんだ」とか指摘されたら、こう答えましょう。

「通知に記載がございましたので、本日はフランクな自分も知っていただきたく私服で参りました。よろしくお願いいたします。」

 

なんにせよ、企業の言いなりにならないように気を付けましょう!

 

 

今後も新しいマナーを発信していきます!