あなたのマナーはもう古い!?新マナー集!

世間を変える新マナーを発信していきます!

【2018年 ブラック企業大賞】この企業には入るな!【残業・有給未取得・過労死】

f:id:sno_fra:20181223185353j:plain

 

 

今年のブラック企業大賞が発表されました!!!

一体どこの企業が大賞となったのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

ブラック企業大賞とは?

そもそも、このブラック企業大賞とはなんでしょうか。

 

現代日本には、パワハラ、セクハラ、残業代未払い、長時間労働、派遣差別、偽装請負といった、様々な悪辣な環境が蔓延っています。

 

しかし、ブラック企業であるとの発信・解決も容易ではなく、さらにブラック企業で働く当事者は、不当な処遇を受けていても声をあげにくいのが現状です。

きわだったブラック企業の存在は一時的に取り上げられても、企業全体のいわゆる「働き方」の向上にはなかなか結びついていません。

 

そこで、ブラック企業大賞企画委員会(会社組織でもなんでもない一般の組織)が立ち上がり、いわゆる『ブラック企業』を広く公開して、社会構造の問題を広く伝えようとしているのです。

しかも、委員会のメンバーは弁護士やジャーナリストで構成されており、その信憑性は疑うべくもありません。

 

これがブラック企業大賞なのです。

 

 

 

2018年 ブラック企業大賞ノミネート企業

1.株式会社ジャパンビジネスラボ

2.財務省

3.三菱電機株式会社

4.株式会社⽇⽴製作所・株式会社⽇⽴プラントサービス

5.株式会社ジャパンビバレッジ東京

6.野村不動産株式会社

7.スルガ銀⾏株式会社

8.ゴンチャロフ製菓株式会社

9.株式会社モンテローザ

 

 

さて、今年不祥事を起こした企業が軒並み顔を連ねていますねー(笑)。

 

やはり大企業と言われるところが、古い企業体質や下請け企業への嫌がらせ、過度の残業等でピックアップされています。

 

面白いところでは「財務省」の名前も挙がっていますね!

 

 

詳細は、以下の公式ホームページをご覧下さい!


blackcorpaward.blogspot.com

 

 

 

 

2018年 ブラック企業大賞は……

以下のとおりです!

大賞 三菱電機

【システムの技術者や研究職の男性社員5人が、長時間労働により精神障害や脳疾患を発症。2014年から2017年に相次いで労災認定された。うち2人が過労死】


市民投票賞 財務省

事務次官による女性記者へのセクハラが問題となる。ウェブ上での投票は、ほかと比べて圧倒的大差をつける】


特別賞 日立製作所・日立プラントサービス

長時間労働パワハラがあったほか、多数の外国人実習生が在留資格を失った】

 

有給ちゃんと取らせま賞 ジャパンビバレッジ東京

【違法な長時間労働があったとして労基署から是正勧告があった】

 

 

当該の企業は、企業体質が全然変わりません。

これからも悪しき体質で多くの若い芽を摘んでいくのでしょう。

 

入社を検討している皆さんは、直ちに考えを改めた方がいいでしょう。

「俺がこの企業を変えてやる!」と思っているなら別ですが。

 

 

 

 

いかがでしょうか。

 

ブラック企業大賞のホームページには、過年度分のバックログもあります。

 

企業選びの基準として、その企業を選ばないのも選択肢の1つですね。