あなたのマナーはもう古い!?新マナー集!

世間を変える新マナーを発信していきます!

1日8時間働くのはマナー違反!!それって労働基準法違反では?

f:id:sno_fra:20181216143250j:plain

 

「ウチですか? 8-18時勤務、昼休憩1時間ですよ

 

はいアウト~!!

 

 

昨今、働き方改革によって企業の勤務時間が見直されています。

 

すると、驚くべきことにどの企業も似た傾向が見受けられました。

それは労働基準法の限界まで、従業員を労働に従事させている」というものです。

 

これが今、世界から猛烈なバッシングを受けており、そんなヤバイ企業とは取引しないなんていう海外企業もいるほどです。

 

 

いまや、労働基準法の限界まで労働を強いるのはマナー違反なのです。

 

 

 

 

 

労働基準法における労働時間について

そもそも労働基準法とは、労働時間、賃金、休日等の「最低限の条件」について定められた法律です。

 

その中で、労働時間にかかわる記載はどのようになっているのでしょうか。

 

www.mhlw.go.jp

 

↑は厚生労働省の労働時間に関するQ&Aホームページです。

 

ざっくり書くと以下のとおり。

--------------------------

会社は、原則として、1日に8時間、1週間に40時間を超えて労働させてはいけない。

労働時間が6時間を超える場合は45分以上、8時間を超える場合は1時間以上の休憩を与えなければいけない。

また、少なくとも毎週1日の休日か、4週間を通じて4日以上の休日を与えなければいけない。

--------------------------

 

 

 

正しい企業のあり方とは

では、一般的な企業を見てみましょう。

 

実は、どの企業も始業・終業時間に違いはあれど、ほぼすべて8時間勤務です。

 

この時点で、労働基準法における1日に働ける限界の8時間きっかりです。

 

そしてほとんどの企業は、厚生労働省が定める「原則」を超えた労働、時間外労働を従業員に強いて、過重労働させているのです。

 

これっておかしいことですよね?

世界的にバッシングされるのも当然とうなずけます。

 

では、正しい企業はどのような企業なのでしょうか。

 

諸説ありますが、私は4~6時間程度の勤務が正しい姿だと思います。

 

無駄な会議を省き、重役への説明資料作成をなくし、不要な出張を取りやめ、パソコンはショートカットキーを活用するだけで、十分この目標は達成されます。

 

すると、多少実働時間を短くしても成果を上げることができるはずです。

 

 

 

 

 

いかがでしょうか。

 

そもそも、毎日8時間勤務しなければ十分な収益を上げることすらできない企業なんて、あまりにもヘボいと思いませんか?

 

そういう企業は、スケジュールをタイトに組み過ぎていたり、お客様に良い顔をしたいがために無理無茶無謀な要求を受けて自分の首を絞めていたりしているのです。

 

メリハリワークという言葉を用いる企業なら尚のこと、4時間で終わる仕事を8時間でやる必要はまったくありません。

そして、4時間で終わったのなら余暇を楽しむべきです。

それがメリハリをつけるということなのですから。

 

 

今後も新しいマナーを発信していきます!