あなたのマナーはもう古い!?新マナー集!

世間を変える新マナーを発信していきます!

JR西日本の神対応!! 計画運休とは?

f:id:sno_fra:20180929195114j:plain

---------------------------

JR西日本は9月29日、台風24号の接近に伴い

9月30日に「計画運休」を実施すると発表した。

 

京阪神エリアを発着する在来線と特急は午前8時以降、運行本数を減らし、

正午までにほぼ全ての運行を取りやめる。

運休は終日続く可能性もあるという。

 

山陽新幹線は新大阪—広島間で、上りは広島駅を午前10時17分に出発する

「のぞみ16号」、下りは新大阪駅を午前11時25分に出発する

「のぞみ103号」を最後に運転を見合わせる。

広島—博多間では「みずほ」「さくら」「こだま」は本数を減らして運行する。

---------------------------

 

今回のJR西日本の対応、実に神対応です!!!

 

私は以前、こんな記事を書かせていただきました。

www.nonbiri-mattari-yukkuri.com

 

ざっくり書きますと……。

 

最近のマナーでは、台風等で電車の大幅な遅延・運休が見込まれる場合、社員が出社するのをやめさせることになっています!!!

 

したがって、例えばあなたが「うわ、明日台風かよ。会社行きたくねーな」と思ったら、その通り会社に行く必要はまったくありません!

 

なぜなら、”普通の”企業 であれば出勤停止命令が出るからです。

 

しかし、残念ながら日本にはブラック企業がはびこっています。

そのため雨でも会社に行かせようとする企業がたくさんあります。

 

 

 

JR西日本神対応「計画運休」とは?

さて、そんなブラック企業でも、電車が100%止まっている状況でも出社させようとするでしょうか?

 

まあ、世の中には頭がおかしい人はたくさんいるので、出社させようとする人はある程度いるでしょう。

 

しかし、普通は運休確定なら自宅待機や休暇を命じるはずです。

 

 

そうです!!

JR西日本は、ブラック企業が行おうとしている台風出社を、計画運休によって半強制的にやめさせようとしているのです!!!

 

計画運休とは、災害等による電車の不安全走行が懸念される場合に、早期に運休としてしまうものです。

 

そして今回の対応はというと、

---------------------------

京阪神エリアを発着する在来線と特急は午前8時以降、運行本数を減らし、

正午までにほぼ全ての運行を取りやめる。

運休は終日続く可能性もあるという。

---------------------------

 

 

英断としか言えません。

 

これで不満を言う企業さんにはお帰りいただくとして、

この英断によって、多くのケガ人の発生が未然に防がれたことでしょう。

 

是非とも他の企業さんにも見習ってほしいものです。

 

 


いかがでしょうか。

 

これでJR西日本が一流企業であることが証明されましたね。

 

業務の停止は普段と異なる対応をするため、勤務されているJR関係者の皆様はこれからが忙しくなるのかと存じます。

 

陰ながら応援しておりますので、どうかお身体をご自愛ください。

 

 

 

今後も新しいマナーを発信していきます!!