あなたのマナーはもう古い!?新マナー集!

世間を変える新マナーを発信していきます!

面接は志望理由を聞かない!? ”新”面接スタイルのメリットとは?

f:id:sno_fra:20180928071113j:plain

 

「あなたが弊社を志望した理由はなんですか?」

 

そんなもん決まっています。
御社に魅力を感じたからに他なりません!

 

どうして企業は当たり前のことを質問するのでしょうか。
と思うのも無理はありません。

 

そこの企業が世間から遅れているから質問するんです!

 

一流企業では、あなたに志望理由なんて聞きません!

 

それに、志望理由を聞かないのが一般的なマナーになっています。

 

 

 

 

面接では志望理由を聞くな!

面接で志望理由を聞くメリットとはなんでしょうか。

 

答えは、メリットはありません!!

 

そもそも履歴書等を提出しているのに、改めて本人の口から聞くのがナンセンスです。

 

そこにすべて書いてあるのですから、それ以外の理由はありません。

 

本人の口から聞きたいとか、そんなバカな考えは不要です。

 


志望理由を聞かないメリット① 時間を有意義に使えるため

f:id:sno_fra:20180928072049j:plain

1つ目のメリットは、面接の時間を有意義に使うことができます。

 

履歴書に書いている内容をもう一度聞いたところで、同じ答えが返ってくるに決まっています。

 

それだったら、もっと当人に聞きたいことを深堀りして聞いた方が、当人の情報も知れるし、時間の節約になります。

 

前職でどんな活躍をしてきた等、面接対象者がアピールしたいことをたくさん聞けますし、入社後の業務に関することで不安はないか等、今後の取り組みに関することもお話できます。

 

 


志望理由を聞かないメリット② 面接者のパフォーマンスが上がるため

f:id:sno_fra:20180928072132j:plain

 

2つ目のメリットは、面接対象者のパフォーマンスを向上させます。

 

なんのこっちゃとお思いでしょう。

 

まず志望理由というのは、誰しも時間をかけまくって、吟味に吟味を重ねて考えてきた内容です。

 

企業側でも気になる項目の上位に入る内容ですし、面接時には「絶対に間違えちゃいけない」とプレッシャーに感じています。

 

ですので、例えば面接の始めにでも、

 

「今日は志望理由をお聞きしません」

 

とでも言えば、面接を受ける方はリラックスして臨むことができるのです。

 

 

 

この時代、志望理由を聞いている企業は三流以下です!!

 

もっと生産性のあることを伺ってみましょう。

 

 

 


いかがでしょうか。

 

もしあなたの企業の人事が、未だに志望理由をだらだら聞いているならば、社会的にマナー違反である傾向が見られます。

 

面接を受けに来た方も、自分をアピールする機会が欲しいと考えています。

下らない質問よりも、もっと雇入れ後のことを考えた質問をしましょう。

 

 

今後も新しいマナーを発信していきます!!